経験者が教える韓国での就職・転職活動をスムーズに行う方法

韓国

憧れの国で働くために、避けて通れないのが就職活動。海外では、どのように仕事を探せばよいのでしょうか?また、就職するために、何が必要でしょうか?

最近は、日本の高校を卒業して、韓国の大学へ進学する日本の高校生も増えてきました。そこでやはり気になるのが、韓国での就職活動。

今回は、韓国で就職活動した私の経験から、韓国で知っておくべき具体的な対策と心得をご紹介します。

韓国の就職活動の時期

韓国

日本では、昔から大学生の就職活動のスタートが決まっていて、大学でもそれに合わせて説明会やインターンシップなどのスケジュールを組みます。

これによって就職活動が一斉にスタートし、企業側も採用活動(書類選考や面接試験)などを行います。

これに対して、韓国では、就職活動の開始時期が特にありません

企業によって、増員の計画や欠員の補充があれば、必要に応じて求人を出します。おおまかに、退職や転職が増える春先に、求人が最も多くなる傾向が強いといえます。

基本的に、新卒と社会人(中途)採用の就職活動の時期は区分されていません。

企業によっては別々の採用枠を設けており、求人情報には「新入社員採用」や「経歴者採用」と書かれています。前者がいわゆる新卒採用、後者が社会人(中途)採用を意味しています。

どちらか一方のみ採用する企業もありますので、募集内容をしっかり確認してから応募しましょう。

既に日本で仕事をしていて、韓国へ転職したいと考えている人にとっては、時期を選ばないという点では大きなメリットになります。

日頃から求人情報をチェックしておき、気に入った会社の求人が出れば、すぐに書類を送付できるように準備しておきましょう。

韓国でやりたい仕事を探す方法

ミーティング

韓国では、ほとんどの場合、インターネットの求人サイトを通して仕事を探します。韓国語のサイトですので、ある程度の語学力が必要となります。

インターネットの求人サイトには、

  • 会社情報(従業員数、資本金、売上など)
  • 求人情報(業務内容、募集人員、給与など)
  • 現時点での応募人数(男女比、年齢層、最終学歴など)

も確認することができます。

それ以外に、日本と同様、韓国でも合同企業説明会が開催されます。年中通して各自治体が主催するものが多く、各企業ブースでは、面接や就職相談が行われます。

また、付随するイベントとして、女性のためのヘアメイク講座や履歴書の写真撮影なども用意されています。

なお、外国人のための合同企業説明会もありますが、近年需要の多い中国人や東南アジア出身の外国人を対象とした求人が多いため、事前に参加企業を調べておく方がいいでしょう。

合同企業説明会の開催案内も、インターネットで情報収集することができます。

韓国の就職試験の内容

韓国での就職試験は、多くの場合、書類審査と面接試験で構成されています

書類審査は、日本のようにエントリーシートや履歴書を手書きで書くのではなく、ワードやエクセルで作成したものをメール添付で応募します。

または、インターネットの求人サイトに履歴書を登録することで、応募ボタンをクリックするだけで簡単にエントリーができます。

履歴書とあわせて提出を求められることの多い自己紹介書は、自分の性格や特徴を生い立ちから学生生活までの背景を記述しながら作成します。

幼い頃までさかのぼって、アピールポイントを探しましょう。

韓国で日本人におすすめの仕事

ここまで、韓国の一般企業への就職活動についてご紹介しましたが、どんな形で仕事をするかによって、就職活動も大きく変わってきます。

例えば、

  • フリーランスで日本語教師になる
  • 日本語と韓国語の通訳翻訳をする
  • 日本企業の韓国支社に勤める

などの場合は、日本語ネイティブに特化した仕事になるので、もちろんハードルは低くなります。

これらの仕事に就く場合は、韓国語の語学力、これまでの経歴、資格があれば、就職活動には大きな加点となります。

特に、韓国で初めて仕事をする場合、日本人を雇う韓国企業が最も注目するのは経歴です。関連する職務経歴やしっかりとした実績があれば、他の応募者と差をつけることができます。

韓国での就職・転職活動で大変なこと

面接

私の場合、日本で留学生の受け入れや学生の海外派遣に携わっていたので、この経験を活かしたいと考えていました。

まずは、これまでの経歴を棚卸しし、担当したプロジェクトやその成果・実績をしっかりとまとめました。

難しかったことは、やはり韓国語での面接試験です。

単なる韓国語の語学試験とは異なり、自分の経歴を具体的に説明し、アピールしなければなりません。当日はとても緊張し、準備したことの80%ほどしか伝えられませんでした。

事前に提出した履歴書と職務経歴書にしっかりと目を通し、どんな質問を受けるか予測しながら面接対策しておくことをおすすめします。

おすすめ海外転職エージェント3選

海外転職は、転職エージェントを使って探すのがおすすめです。以下の特徴のある転職エージェントを選抜しました。登録は3分程度、利用はすべて無料です。

  • 海外に関する求人が豊富
  • 大手のエージェントで非公開求人も多い
  • サポートがしっかりしている

 

転職エージェントを利用することで、スムーズに海外への転職活動を進めることができます。

たとえば、自分にあった「求人の提案」「履歴書の作成」「面接の対応の仕方」など、海外就職で不安になる部分を無料でサポートしてもらうことができます。

海外転職するならリクルートエージェントパソナキャリアの2つの登録は必ず登録しましょう。

そして、キャリアアップを目指すならJAC Recruitmentも合わせての登録がおすすめです。

たとえば、

  • 「韓国の日系企業で営業職の駐在員」
  • 「韓国の外資系機械メーカーで生産管理」

など指定すれば、条件にあった求人を紹介してもらえます。

求人を見て興味がなければ、どんどん次の求人を探してもらうことで、スムーズに海外就職を進めることができるます。

大手の転職エージェントを利用すれば、ビザがでないブラック企業や観光ビザで違法に労働させる企業を回避することができ安心ですね。

まとめ

韓国でも、合同企業説明会や就職試験は日本とほぼ似ていることがわかりました。

日本人が韓国で働く場合、どんな職業に就くかによって、就職活動がまるっきり変わってきます。もし、日本語ネイティブということに関わらず、一般の韓国企業に勤める場合は、韓国人の応募者がライバルになります。

したがって、韓国語はもちろん、学歴や英語の語学力(TOEICやTOEFLの点数)、社会ボランティアやインターンシップの経験などが必要となり、早いうちから相応の準備が必要です。

まずは、自分が韓国で何をしたいのか、どんな活かせる経歴があるかをしっかり考えた上で、インターネットでの情報収集から始めることをおすすめします。