ビーサン?タダ飲み?シンガポールで営業として働くアラサー独身女子の1日とは

シンガポール

シンガポールはライフワークバランス抜群。

昼間はしっかり働いて、残業せずにサクッと帰る!仕事もプライベートも充実させることができるシンガポールは独身女子にとって本当に住みやすい国なのです。

独身、アラサー、日本ならなかなか肩身も狭いステータスですが、シンガポールでは全然そんなことありません!シンガポールで現地採用として働く1日のスケジュールを大公開します。

8:00 起床

起床

シンガポールに長く住めば住むほど女子力が低下すると言われていますが、その理由と考えられるのは、日本と違い朝からバッチリメイクで出社する人は稀だという点です。私も30分ほどでささっと身支度を済ませます。

雨が降った日はビーチサンダルで出社することも。ラッシュアワーの地下鉄にビーサンなんて日本じゃ考えられませんが、シンガポールでは誰も気にしません。

出勤スタイルも自由自在です。

9:00 出社

コーヒー

オフィスの横のローカルコーヒーショップでコピと呼ばれる甘いコーヒーとカヤトーストを買って出社。デスクでコーヒーを片手に朝食を取りつつメールのチェックをします。

午前中

お客様にアポを取ったり、プレゼン用の資料作りをしたり、社内のミーティングに参加したりであっという間に時間が過ぎていきます。

社内にはローカル社員もたくさんいるため、公用語はもちろん英語。英語とはいっても、シンガポールではシングリッシュと呼ばれる中国語交じりの独特の英語が話されているので、慣れるまではなかなか苦労します。

11:45 ランチ

シンガポールのローカルフード

オフィス街の周りには安くて美味しいフードコートがたくさんありますが、ランチタイムはどこも激混み。混雑を避けるため、少し早めにオフィスを出ます。

フードコートに到着すると、まずは店内を見渡し空いている席を見つけたらダッシュ!すかさずポケットティッシュをテーブルの上へ置いて席の確保です。

これで安心して目当てのお店へセルフ式のオーダーにいくことができます。ローカルフードは脂っこいものが多いので、私はヨントーフという野菜と豆腐のスープがお気に入りです。

午後

シンガポール

ランチの後は同僚と雑談しながらトイレで化粧を直して、お客様を訪問へ。大体のお客様が同じエリアに集中しているので歩いて訪問したり、少し離れている場合はタクシーで向かいます。

効率よく2、3件訪問した後は、社に戻ってメールの処理や営業報告などを完了させます。

18:00 退社

よっぽど忙しい日を除いて、大体は定時に退社することができます。

残業することがあっても一時間以上残ることは稀です。上司や同僚も仕事後に習い事をしたり、ジムへ行ったり、家族と食事したり、プライベートを大切にしています。

仕事とプライベートの分けられたメリハリのある仕事・生活スタイルです。

レディースナイト

カクテル

シンガポールは水曜と木曜にレディースナイトを開催しているバーやレストランがたくさんあり、女性がお得なサービスを受けられるのです。

仕事後は同世代の独身女子と集合し、レディースナイトへと繰り出します。

フードを頼めば飲み物がタダだったり、逆に飲み物を頼めばピザが無料だったり、お店によってサービスもいろいろ。次から次へと新しいお店もオープンするので、飽きることはありません!

23:30 パーティー

クラブ

私は今年で33歳になりますが、いまだにクラブ通いが止められません。シンガポールのクラブは比較的年齢層が高いので、30代、40代でクラブにいる人も普通です。

レディースナイトでお得に酔っ払った後は、そのノリでクラブへ!クラブでもレディースナイトを開催しているので、女性は入場無料のうえ、フリードリンクまでもらえる店も。

平日でもほぼ満員の店内で、思いっきり踊って日頃のストレスを発散します。

1:30 帰宅

シンガポールはタクシーが安いので、終電を気にせずたっぷり遊べます。国土も狭いため渋滞のない時間は郊外でも15分から20分もあれば家に到着してしまいます。

最近はUberやGrabという白タクのサービスも充実しているので、タクシー代も更にお得になりました。シティエリアなら500円、郊外でも1500円ほどで帰れます。日本じゃ考えられませんよね。

おすすめ海外転職エージェント3選

海外転職は、転職エージェントを使って探すのがおすすめです。以下の特徴のある転職エージェントを選抜しました。登録は3分程度、利用はすべて無料です。

  • 海外に関する求人が豊富
  • 大手のエージェントで非公開求人も多い
  • サポートがしっかりしている

 

転職エージェントを利用することで、スムーズに海外への転職活動を進めることができます。

たとえば、自分にあった「求人の提案」「履歴書の作成」「面接の対応の仕方」など、海外就職で不安になる部分を無料でサポートしてもらうことができます。

海外転職するならリクルートエージェントパソナキャリアの2つの登録は必ず登録しましょう。

そして、キャリアアップを目指すならJAC Recruitmentも合わせての登録がおすすめです。

たとえば、

  • 「シンガポールの日系企業で営業職の駐在員」
  • 「シンガポールの外資系機械メーカーで生産管理」

など指定すれば、条件にあった求人を紹介してもらえます。

求人を見て興味がなければ、どんどん次の求人を探してもらうことで、スムーズに海外就職を進めることができるます。

大手の転職エージェントを利用すれば、ビザがでないブラック企業や観光ビザで違法に労働させる企業を回避することができ安心ですね。

まとめ

シンガポールはライフワークバランスがしっかりしているので、平日でも仕事後に充実した時間の使い方ができます。

今回はレディースナイトをご紹介しましたが、他にもスポーツのイベントだったり、ビジネス系のソーシャルイベントも至る所で開催されているので楽しみ方はいろいろです。世界中から来た人々と話をするだけでも刺激になります。